一歩前進、二歩後退

一歩前進、二歩後退

ニートになりたい高校生のブログ。

このホームページは移転しました。

自動的にリダイレクトします。

「やる気が出ない」そんなあなたに。5秒の法則で人生を変えろ!

f:id:ariemonn:20180203184659j:plain

どうしてもやる気が出ない、そんなときってありますよね。

僕もここ数日なぜだか全くブログを書く気が起きずにいます。

そこでやる気を出すいい方法がないものかと調べてみたところ、かなりよさそうな方法を見つけました。

今回紹介するのは「5秒の法則」です。

私もこちらの動画で初めて知ったものです。

www.youtube.com

Youtubeで活動をされている「クリスの部屋」のクリスさんの動画です。

メル・ロビンズさんの「5Second Rule」という本の内容を分かりやすく説明した動画になっています。

とにかくこの動画を見てもらうのが一番いいんですが、15分もあるので一応簡単に自分の言葉で説明しようと思います。

ですがこの動画、間違いなく15分かけて見る価値はあると思うので、少しでも暇がある人はぜひ見てもらいたいです。

5秒の法則とは?

どうしてもやりたくないこと、やる気が起きないことってありますよね。

やらないといけないことは分かってるんだけどなかなか始められない、、、

あれこれ悩んでいるうちにどんどん時間だけが過ぎていく、、、

そんな時、役に立つのが「5秒の法則」です。

やり方は非常に簡単。

5、4、3、2、1

GO!

これだけです。

5秒のカウントの間に始める。それだけです。

それが、5秒の法則です。

人間はどうしても余計なことまで考えてしまう生き物です。

時間があればあるほど自分への言い訳をいくつも考えてしまうのです。

「まだ締め切りまで時間あるし…」とか「誰かがやってくれてるだろう」とか、いくらでもやらなくてもいい理由って出てくるものですよね。

しかし、5秒以内に物事を始めようとすると余計なことを考えている時間がありません。

自分に余計なことを考えさせる時間を与えないというのがこの5秒の法則です。

余計なことを考えなければ自然と物事を簡単に始めることができるのです。

やる気なんていらない

この法則の面白いところは、「やる気を出す前に始めてしまおう」という逆転の発想です。

普通は「やる気を出す→行動する」っていう流れだと思うんですが、この5秒のルールでは「行動する→やる気が出る」っていう逆の流れになっているんです。

一度始めてしまえば意外と集中できてすぐ終わったなんて経験ありませんか?

 始めるまでが一番大変で、一回手を付けてしまえばほとんど終わったも同然です。

ですから、何としてもとにかく無理やりにでも始めてみることが大切なのです。

やる気が起きるのを待っていても永遠にやる気なんておきません。

習慣化させる

5秒の法則の最終目標は物事を習慣化させることです。

たとえば朝起きるときに5秒の法則を適用したとしましょう。

最初のうちは5秒の法則を意識してなんとか5秒以内に起きようと頑張ります。

しかししばらく続けていると5秒の法則を意識せずとも自然と起きられるようになるそうです。

5秒の法則を継続することで最終的には「習慣」になってしまうのです。

「習慣」になってしまえばもう苦しむことはありません。

まとめ

今回は「5秒の法則」を紹介してきました。

今回の記事のタイトルは『「やる気が出ない」そんなあなたへ』というものでしたが、実はやる気を出す必要なんてないのです。やる気が出る前に行動に移してしまうことが大切なんです。

5秒ルールを使えば「行動する→やる気が出る」という流れの重要性が分かると思います。

思い立ったことをすぐに行動に移すことは難しいものです。

ですが「すぐに行動に移す」ことを5秒ルールで習慣化していきましょう。

そうすれば有意義な時間が増えるのではないでしょうか。

僕も5秒の法則を意識してこれから過ごしていきたいなぁと思います。

皆さんもぜひ試してみて下さいね。