一歩前進、二歩後退

一歩前進、二歩後退

ニートになりたい高校生のブログ。

このホームページは移転しました。

自動的にリダイレクトします。

受験勉強に意味なんかあるの?

どうも、アリエです。

世間は受験シーズン真っ盛りということで、今回は受験について個人的に思うところを書いていきたいなぁと思います。

タイトルが受験生へのあおりみたいになってるのは許してください。

受験勉強の意味って?

さて、こんなCMを見たことがあるでしょうか。

www.youtube.com

カロリーメイトの受験生応援のCMですね。

「受験に意味があるかどうかは分からない。ただ、一歩一歩自分の力でつかみ取った景色は生涯、忘れられないだろう。」

というメッセージが印象的です。

 受験と登山は、2つの点で似ています。 ひとつは、一歩一歩自分の力で 自分を高めていく以外に、道はないこと。 そしてもうひとつは、自分の力でつかみ取った、 その「景色」は生涯忘れられないものになるということ。 このCMは、一人でも多くの受験生が、 次の一歩を踏み出す力になるように企画しました

山登りをしたことがある人は分かると思いますが、頂上にたどりついた時の達成感は何物にも代えられないような素晴らしいものなんですよね。

僕も以前富士山に登ったときは、途中で何度も「なんで登ろうとしたんだろう」と後悔しましたが、頂上に着いて景色を見たときは、今までの疲れなんか吹き飛んでしまうくらい感動したことを覚えています。

思いかえしてみると、高校受験の時もそうだった気がします。

途中で何度もやめたくなる時がありましたが、志望校に合格した時はうれしさのあまり泣いてしまった思い出があります。

苦労の末に手に入れたものっていうのは格別なんですよね。

このことは間違いなく受験勉強の意味だと思います。

 

さて、他には何があるでしょうか。

まあ、ないですね。特にないと思います。

学力はつくと思いますが、受験の詰め込み勉強は非効率的すぎます。

学力をつけるならもっといいプロセスがあるはずです。

ただ、必要最低限の知識がつくって言うのは意味といっていい気もしますかね。

何のために受験するの?

僕は受験そのものの意味を問うよりも、何のために受験するのかを考えるのが大切だと思っています。

受験に意味なんてないからどうたらこうたら言ってたってなにも前に進みません。

そもそも受験の意味なんて考えてる時点で受験戦争に負けます。

受験をするということは大学に進学する選択をしたということ。受験する目的は大学に行くためと言い換えられます。何をしたいから大学に行くのか。何をしに大学に行くのか。

その根本的なことを忘れてはいけないと思います。予備校に行ってると大学に合格することがゴールみたいになってしまいますが、そこはあくまでスタート地点でしかないのです。

よく大学の志望理由が「就職がいいから」とか言う人がいますが、そんな受験に意味はないと思います。というかそんな理由で大学行くな。

また、「とにかく○○大学に行きたい!」と言って、その大学の色々な学部を受けまくる人もいますが、それもまた同様に意味がない受験だと思います。

自分のやりたいこと、勉強したいことを学ぶためにに大学に行くのに、その根本的なことをはき違えている人が多すぎる気がします。(友達と話していて個人的に感じたことです。)

とにかく、「何のために受験するのか」が一番大切です。

まとめ

さて、受験勉強に意味なんてあるの?って問いですが

受験勉強の意味を考える意味なんてないってのが僕の答えです。

大事なのはそこじゃなくて、何のために受験するかだと思います。

受験勉強は自分がやりたいことをするための手段というか通り道というか、そんな感じのものだと思います。

ぜひ、「何のために受験するのか」を一度考えてみてください。

 

以上、高校二年生の戯言でした。

こういうことは受験を終えたやつが言えって話ですね。ごめんなさい。

受験生の皆さん頑張ってください。