一歩前進、二歩後退

一歩前進、二歩後退

ニートになりたい高校生のブログ。

本当に公式か?「けものフレンズぱずるごっこ」やってみた。

どうも、アリエです。

なかなかやる気が起きず、一週間もブログを書くのをさぼってしまいました。

しかしそんな中、素晴らしいニュースが飛び込んできたではないですか。

けもフレの新しいゲームが出たってよ。」

しかもひどいらしい。

これはやるしかないでしょ。ということで早速インストール。

やってみた。

App Storeで「けものフレンズ」と検索をかけても出てきません。

それもそのはず、タイトルが「Kemono Friends - The Pazzle」というね。

アップデートがあったようでタイトルがけものフレンズ:ぱずるごっこ」になったようです。

App Storeで「けものフレンズ」と検索したら出てくるようになりました。

レビューが2.3点ということで、これは期待できそう…

無事起動。

さあ、ホーム画面です。

圧倒的チープ感。

なにこのかばんちゃん。仏様かよ。

というか画像が荒い。切り抜き感満載です。

期待してた通りのクソゲーに仕上がってそうです。

そして肝心のゲームはと言うと、、、

あっ、キャン〇ィークラッシュだこれ。

もう99%キャ〇ディークラッシュです。ちょっと画像が変わっただけ。

操作方法もルールも何もかもキ〇ンディークラッシュです。

そして何よりもこのカバさん。

お前どっから出てきたんだよ…肩から下がないよ…

問題点

ストーリーがない

ゲームの説明によると、

ジャパリパークを冒険しながらフレンズたちとの楽しいぱずるごっこで遊ぼう!」

とのことですが、ジャパリパーク要素は全くありません。

フレンズもたまに操作説明のカットインに出てくるだけです。遊べません。

もちろんストーリーは全くありません

けものフレンズごっこをしたキャン〇ィークラッシュで遊ぼう!」

に訂正した方がいいのでは…

ただのキ〇ンディークラッシュ

さっきから何回も言ってますが、ただのキャン〇ィークラッシュです。

画像が差し変わっただけのキャンディー〇ラッシュです。

違法?

いろいろ言われていますが、BGMが違法サイトからダウンロードされたものかもしれないとのこと。

本当に大丈夫なのかこのゲーム?

 広告がうるさい

3回くらいプレイすると、広告の動画を強制的に視聴させられます。

結構な頻度で見せられるのでストレスがたまります。

Tik Tokの広告じゃないのが唯一の救い。

ステージ多すぎない?

ステージがめちゃくちゃ多いです。

上から下までスクロールするのに10秒かかります。

一体いくつステージがあるんですかね、、、

別に問題点というわけでもないですが多過ぎやしませんかね、、、

果たしてこれを全クリする人はいるんでしょうか。いたら尊敬します。

感想

はい、テスト前の貴重な時間を削ってステージ28まで進めました。

分かったことはただ一つ。

クソゲーです。クソゲーオブザイヤー。

けものフレンズぱびりおんもなかなかのクソゲーでしたが、本作はそれを圧倒的に上回るクソさでした。

やるだけ時間の無駄です。せめて本家をやりましょう。

こんなクソゲーでもやってみたい!という方は早くインストールすることをおすすめします。

急がないと消えます。多分。

Kemono Friends - The Puzzle

Kemono Friends - The Puzzle

  • FUNPLE STREAM CORP
  • ゲーム
  • 無料

 

24時間勉強しようとした結果。

どうも。アリエです。

どうやら今日はバレンタインのようですね。そんなの知らねえよ。

学校が入試休みだったから貰えなかっただけだもんね!別に悔しくないもんね!

さて、世間がバレンタインで浮かれている中、僕は一人黙々と勉強していました。偉い(自画自賛

ということで今回は24時間勉強するというアホみたいな挑戦をしてみましたので、感想など書いていきたいと思います。

ルール

用意するのはこの三つ。

・みんな大好き青チャート(数Ⅲ)

・みんな大好きDUO3.0

・お財布の味方100均ノート(3冊入り)

基本的に青チャートを24時間やってやろうという寸法です。

DUOは息抜きにと思って用意しました(病気)

ルールは簡単。24時間勉強し続けるだけ。

トイレ、食事以外に休憩することは許されません。

スタート!

2月13日20時、24時間チャレンジスタート。

早速複素数平面に取り掛かっていく!

が、解けない。全然解けない。

頭の中から複素数平面がすべて抜け落ちているではないか…

まぁ悩んでてもしょうがないよね、ということで数列の極限にワープすることに。

やったぁ!解けるよ!!

解の喜びを知った勢いでどんどんと問題解き進めていく…

4時間経過

時刻は12時を迎える。

流石に4時間休憩なしで勉強し続けると集中力が消え去ります。

ツイートしてる暇があるなら勉強しろよって?ごめんなさい。

このあたりから問題を解くスピードが著しく低下していきます。

6時間経過

丑三つ時。夜も深まってきました。

ここら辺になると深夜テンションで楽しくなってきます。

アニソンメドレー聴きながら勉強するのっていいですよね。

僕、数学の勉強は無音だとできない人種なので、基本的に数学の勉強中はずっと音楽聞いてます。

8時間経過

時刻は4時。深夜なのか朝なのかよくわからない時間帯。

猛烈な眠気に襲われます。

もう集中するしないの問題じゃなくて起きるか寝るかの戦いになってきます。

問題なんて頭に入って来やしない。

ここで限界を感じたので気分転換に化学のレポートを書くことに。

が、気分転換になるはずもなく苦しい時間帯を過ごします。

12時間経過

ついにその時は訪れてしまったのである、、、

6時30分に朝食をとり、7時30分くらいまで勉強していたのは覚えているのだが、ふと気が付くと何かがおかしい。

嫌な予感を抱きつつ時計を見てみると…

8:38!!

オワタ\(^o^)/

嗚呼無常。

開始から12時間弱、早くもチャレンジ失敗。

 まぁよく頑張った方だと思うんですがね、無理でした。

16時間経過

時刻は正午。

チャレンジこそ失敗はしたものの何とか勉強を続けます。

1時間の睡眠をとったおかげで集中力が超絶UP。

集中力を取り戻し、スピードも上がるぅ!と思いきや。

青チャート難しすぎるよぉぉ(´;ω;`)

微分に入った途端、スピード爆下げですよ。

それもそのはず、まだ習ってないんだもん。

高校数学の美しい物語さんの力を借りて解き進めていきます。

20時間経過

もうね、ご臨終。

集中力の「し」の字もありません。

机に向かっているだけで何もしていない状態が続きます。

これはまずい、ということで最終奥義

アニメを見ながら勉強

という禁じ手に手を染めてしまいます。

そうだゆるキャン△みよう。

(*´Д`)ええなぁ

もちろんアニメを見ながら勉強できるはずもなく、1話しっかりと見てしまいました。

まぁ体感5分だから問題ないね(謎理論)

24時間経過

はい。チャレンジ終了です。

目標だった24時間ぶっ続けには遠く及びませんでしたが、20時間はたっぷりと勉強することができました!

なかなか有意義な入試休みを送ることができたんじゃないでしょうか。

反省

なんで24時間チャレンジを失敗してしまったのか。原因は一つ。

開始時間が悪かったということ。

何を血迷ったのか、20時に開始したんですね。

その日は普通に朝7時に起きて、昼寝を1時間しただけだったのです。

連続活動時間が30時間なんて無理な話ですよ。

次やるときは朝一でスタートするようにします。(もうやらない)

結論

24時間勉強、全くお勧めできません。

人間の集中力はせいぜい2時間くらいが限界です。

ですので休み休み計画的に勉強するのが一番だと思います。

学生の皆さんはもうそろそろ期末の時期だと思いますが、計画的に勉強して、一夜漬けにならないように注意しましょう。

間違っても24時間勉強なんてしないように。

子ども向けプログラミングサイト「プログラミン」やってみた

どうも。アリエです。

最近課題が忙しくてなかなか更新できずにいます。

まぁ学生の本分は勉強ですからね()

さて、2020年以降プログラミング教育が必修化されるとか言われてますよね。

ということで、今回は文部科学省が提供する小学生向けプログラミングウェブサイト「プログラミン」をやってみました。

サービス開始が2010年だそうで今更感があふれているのですが、感想などを書いていきたいと思います。

プログラミンとは?

f:id:ariemonn:20180211180214j:plain

「プログラミン」は、プログラムを通じて、子どもたちに創ることの楽しさと、方法論を提供することを目的とした、ウェブサイトです。

自分で何かを作れるということ。そのためには具体的な手順を考え、ひとつずつ実行していく必要があること。プログラムという人工言語は、そういったことに気づき、理解するためのツールとして非常に有効です。

プログラムというと難しく思われるかもしれませんが、簡単に言えば、小さな機能を持った命令を、順番に並べたものにすぎません。しかし、その並べ方次第で、実にさまざまな機能を実現することができます。ゲームコンソールで遊べるゲームのプログラムも、スーパーコンピュータで実行される高度なプログラムも、根本的には同じ仕組みで成り立っています。

「プログラミン」は、そういったプログラムの最も基本となる概念に、子どもたちが自発的に触れ、楽しみながらルールを発見していくことができるよう、設計しています。命令の種類は少なく、出来ることはとても単純なことですが、素敵なアイデアがあり、それを実現するための命令の組合わせや並び方を発見できれば、今までにないような表現を生み出すことができるかもしれません。

「プログラミン」を通じて、プログラムという表現手段を知ってもらい、子どもたちに創ることの楽しさを体験してもらいたい。自分で価値を創り出すことの楽しさを知り、そのために行動できるようになってほしい。

これからの日本の未来を担っていく子どもたちが、情報の享受者に留まらず、自ら価値を創造し、発信していく側に立つための、最初のペンとなってくれればと思います。

プログラミン | 文部科学省

プログラミンは、文部科学省が運営する子ども向けのプログラミング用ウェブサイトです。

子ども向けプログラミング言語「Scratch」を参考にしたUIになっていて、Web上で視覚的にプログラミングを体験することができます。

プログラミンと呼ばれるプログラムを組み合わせ、アニメーションやゲームなどを作っていきます。

やってみた

ブラウザ環境さえあれば簡単に始めることができます。もちろん無料です。

ただAdobe flash playerだけは必要なので注意してください。

f:id:ariemonn:20180211181828j:plain

ログインしなくても問題なく使えますが、プログラムを保存することができません。

ログインすると作ったプログラムが保存できるようになります。

使い方をおぼえる

f:id:ariemonn:20180211182240j:plain

まずは使い方ムービーで、操作方法を確認していきます。

www.youtube.com

動画で分かりやすく解説されているので、小学生でも理解できるでしょう。

おてほんであそぶ

f:id:ariemonn:20180211182715j:plain

 すでに完成されたプログラムで遊ぶことができます。

シューティングゲームやじゃんけんなど、完成度の高い作品で遊ぶことができます。

お手本をみて作りたいものを決めるのがいいかもしれません。

プログラムをつくる

f:id:ariemonn:20180211183057j:plain

操作方法が分かったところで早速プログラムを組んでいきましょう。

画面下にある「プログラミン」という生き物?を使ってプログラミングします。

f:id:ariemonn:20180211210749j:plain

これはなかなか分かりやす、、、

うん??どうやるんだ??あれれ??

そうなんです。これがなかなか難しいのです。

なかなか自分の思い通りに動いてくれないので試行錯誤の繰り返しです。

f:id:ariemonn:20180211211217j:plain

こんな感じでプログラムをつけていくんですが、下から順番に処理されていくという…

さらにif文に値する物がないのでなかなか難しい。

僕の理解能力が小学生以下なのでしょうか。

結構頑張ったあげく何一つまともな作品はできあがらなかったとさ。

感想

初めてプログラミングに触れるこどもが楽しめる設計になっていると思います。

「プログラミング」って聞くと堅苦しく感じるかもしれませんが、「プログラミン」っていうかわいらしい生き物を使ってプログラミングすることで、子供達でも楽しみながらプログラミングの世界に入っていけるんじゃないかなぁと思いました。

ただ僕がやってみた感じだと割と難しいと思います。

自分が思っているものを作るのは結構大変なんじゃないでしょうか。

プログラミングを学ぶと論理的思考が身につくなんてよく言われますが、確かにこのプログラミンで子供たちに論理だてて物事を考える力がつくかもしれないと感じました。

小さいうちからプログラミングに触れるっていうのはいいかもしれませんね。

www.mext.go.jp

ブログの様子がおかしいんですが。

どうも、アリエです。

今回ですが、タイトルの通りここ数日ブログの様子がおかしいわけなんです。

自分でもいったい何が起こってるのかよくわからない事態になってます。

ネタもないことですし雑談がてらブログの様子について見ていきましょう。

何が起こったし

はい、ここ数日何がおかしいかというとですね、

ブログのアクセス数が異常に伸びてるんです。

自分でも驚きを隠し切れません。

1月末辺りから先週まで25PV/日くらいで安定していたんですが、4日前である2/4を境に急激にアクセス数が増加し始めたのです。

GoogleAnalytics様の解析によるユーザー数の推移を見てみると

f:id:ariemonn:20180207224235j:plain

この一週間でめちゃくちゃ増えてるのが分かると思います。

つい先日一か月目の運営報告をしたばかりなんですが、その時は1月の合計ユーザー数が275人でした。

しかし2月に入ってからというもの、わずか一週間でユーザー数が300人を超え、あっさり一月の記録を越してしまったのです。

わお。めっちゃうれしいんですけどなんか複雑。

ariemonn.hatenablog.com

それだけではなかった、、、

アクセス数が増えうかれていた私にさらなる衝撃の事態が今日訪れたのです。

そう、読者数が急増するという謎の事態が起こったのです。

昨日まで読者数は2人でした。

それがですよ、朝起きてふらっと見たら7人になっているではありませんか、、、

軽い心霊現象ですよ。一か月で2人だけだった読者が一夜のうちに3倍以上に膨らみあがったのです。

しかしそれだけでは終わりません。

いやいやいやおかしいでしょ爆

なんか気が付いた時には読者が20人になってました。

一日で10倍ってどういうことですかね。

いや、ほんとになんでですかね。全く原因が分かりません。何かの間違いかな。

ありがとうございます

とにかく何を言いたいかというとですね、皆さん本当にありがとうございます、ということです。

読者登録をしてくれた皆さん、本当にありがとうございます。

別に読者数が増えたからって何が変わるってわけでもありませんが、本当に励みになります。

ブログに対するモチベーションも上がります!

そしてこんなブログの記事を読んでくれる皆さん、ありがとうございます。

検索流入で見てくれる方々は一体どうやってこんな過疎地域を見つけ出すのでしょうか。自分で検索しても見つけられないページが多いくらいですよ。

文章力がなく読みづらい記事をわざわざ読んで下さってありがとうございます。

 

さて、すみません。ついうかれてこんな駄文を書いてしまいました。

ただの自慢話みたいになってしまいました。本当にすみませんね。

これで浮かれずに、今まで通りこれからもぼちぼち頑張っていけたらなぁと思います。

コロプラ新作「アリス・ギア・アイギス」やってみた。感想など。

どうも、アリエです。

今回は今更「アリス・ギア・アイギスというコロプラの新作をやってみたので感想などを書いていきたいと思います。

アリス・ギア・アイギスとは?

www.youtube.com

アリス・ギア・アイギス

アリス・ギア・アイギス

  • COLOPL, Inc.
  • ゲーム
  • 無料

 

「アリス・ギア・アイ」はゲームメーカー"ピラミッド"とコロプラがタッグした、メカ×少女の3Dアクションゲームです。

島田フミカネさんや海老川兼武さん、かこいかずひこさんなど、豪華クリエイター陣が集結しています。

人類の存亡をかけ、謎の機械生命体「ヴァイス」と戦う少女たちの物語です。

やってみた

早速データのダウンロードが始まります。

最大だと1GB弱なのでデータはそこそこ大きめですね。

↑ ヒロインちゃん?

オープニングムービーが流れ、チュートリアルが始まります。

自分は「隊長」として「アクトレス」と呼ばれる戦う女の子たちを導いていくといった感じです。

あっ!こんなところに阿波根さんが!

とりあえずこの3人が主要キャラクターっぽいですね。

経営難にある中小企業「成子坂製作所」に就職した主人公たちが、製作所のためにヴァイス退治に奔走するというのが序盤のストーリー。

新感覚アクション!

さて、もちろんアクション要素もあります。

これがなかなか新感覚でスピード感があり面白いです。

基本操作はスワイプで移動、タップで射撃。敵との距離が近いときは近接攻撃。

片手だけで完結するシンプルな操作感が感覚的な操作を可能にしていて、これまでにないような感覚を味わうことができます。

操作はシンプルなんですが、敵の攻撃をよけつつ相手に近づいていくなど、慣れるまでは意外と難しいかもしれません。

気づいたらHPがめっちゃ削られていたなんてことがよくあります。

また、画面下にある丸いアイコンは「スキル」で、HPの回復や攻撃アップなどが可能になります。

敵を倒していくとSPゲージがたまり、SPスキルを打つことができます。

ギア

ギアと呼ばれる武器や装備の変更をできるのもこのゲームの魅力でしょう。

ライフルやバズーカ、片手剣やランスなど、非常に多くの種類のギアが存在しています。

ギアそれぞれが専用のスキルを持ち、戦闘中に使用することが可能です。

好きな組み合わせでギアを使うことができ、自分好みにカスタマイズしていくのもこのゲームの醍醐味です。

ガチャ

さあ、お楽しみのガチャです。

チュートリアルの最後に11連ガチャを回すことができます。

はい。星3が1体星2が10体という結果でした。

星4の排出率は1%だそうなのでなかなか渋めのガチャだと思います。

いや、それにしても一回目の10連なのにキャラかぶり多すぎませんかねぇ。

まぁまだ始まったばかりなのでキャラ数も少ないのでしょう。

さて、そんな感じでチュートリアルが終わりました。

ちょっと長めでしょうか。ただリセマラはやろうと思えば全然できると思います。僕はやりませんでしたが。

キャラクターと交流!

ホーム画面にはパーティーに編成されているキャラクター3人が表示されます。

電話マークをタップすると・・・

キャラクターと交流することができます。

プレゼントをあげることで親密度を上げたり、好きな服を着させたりできます。

親密度が上がるとエピソードが解放され、そのキャラクターとの会話を楽しむことができたり。

タップすると反応してくれたり、近づいてきて目があったり、とにかくかわいいです。

エス

エストはノーマルクエストとイベントクエスト、そして調査任務があります。

まだノーマルクエストの途中までしかやっていないので詳しいことは言えませんが、ストーリーもしっかりしていてかなり楽しめると思います。

また、マルチプレイもあり、他のプレーヤーと協力して特別なクエストに挑戦することができます。

感想

正直始めたときは大して期待してなかったんですけど、いざやってみるとかなり楽しめました

新感覚なバトルアクションはもちろん、ストーリーも面白くスキップすることなく読んでしまいました。

そして何よりもキャラクターがみんなかわいい。3Dモデルも結構クオリティーが高く楽しめると思います。

まだリリースされて間もないアプリなのでこれからが楽しみです。

人気が出ればアニメ化なんかも狙えるゲームになるんじゃないでしょうか。

ぜひやってみて下さい!

アリス・ギア・アイギス

アリス・ギア・アイギス

  • COLOPL, Inc.
  • ゲーム
  • 無料

「やる気が出ない」そんなあなたに。5秒の法則で人生を変えろ!

f:id:ariemonn:20180203184659j:plain

どうしてもやる気が出ない、そんなときってありますよね。

僕もここ数日なぜだか全くブログを書く気が起きずにいます。

そこでやる気を出すいい方法がないものかと調べてみたところ、かなりよさそうな方法を見つけました。

今回紹介するのは「5秒の法則」です。

私もこちらの動画で初めて知ったものです。

www.youtube.com

Youtubeで活動をされている「クリスの部屋」のクリスさんの動画です。

メル・ロビンズさんの「5Second Rule」という本の内容を分かりやすく説明した動画になっています。

とにかくこの動画を見てもらうのが一番いいんですが、15分もあるので一応簡単に自分の言葉で説明しようと思います。

ですがこの動画、間違いなく15分かけて見る価値はあると思うので、少しでも暇がある人はぜひ見てもらいたいです。

5秒の法則とは?

どうしてもやりたくないこと、やる気が起きないことってありますよね。

やらないといけないことは分かってるんだけどなかなか始められない、、、

あれこれ悩んでいるうちにどんどん時間だけが過ぎていく、、、

そんな時、役に立つのが「5秒の法則」です。

やり方は非常に簡単。

5、4、3、2、1

GO!

これだけです。

5秒のカウントの間に始める。それだけです。

それが、5秒の法則です。

人間はどうしても余計なことまで考えてしまう生き物です。

時間があればあるほど自分への言い訳をいくつも考えてしまうのです。

「まだ締め切りまで時間あるし…」とか「誰かがやってくれてるだろう」とか、いくらでもやらなくてもいい理由って出てくるものですよね。

しかし、5秒以内に物事を始めようとすると余計なことを考えている時間がありません。

自分に余計なことを考えさせる時間を与えないというのがこの5秒の法則です。

余計なことを考えなければ自然と物事を簡単に始めることができるのです。

やる気なんていらない

この法則の面白いところは、「やる気を出す前に始めてしまおう」という逆転の発想です。

普通は「やる気を出す→行動する」っていう流れだと思うんですが、この5秒のルールでは「行動する→やる気が出る」っていう逆の流れになっているんです。

一度始めてしまえば意外と集中できてすぐ終わったなんて経験ありませんか?

 始めるまでが一番大変で、一回手を付けてしまえばほとんど終わったも同然です。

ですから、何としてもとにかく無理やりにでも始めてみることが大切なのです。

やる気が起きるのを待っていても永遠にやる気なんておきません。

習慣化させる

5秒の法則の最終目標は物事を習慣化させることです。

たとえば朝起きるときに5秒の法則を適用したとしましょう。

最初のうちは5秒の法則を意識してなんとか5秒以内に起きようと頑張ります。

しかししばらく続けていると5秒の法則を意識せずとも自然と起きられるようになるそうです。

5秒の法則を継続することで最終的には「習慣」になってしまうのです。

「習慣」になってしまえばもう苦しむことはありません。

まとめ

今回は「5秒の法則」を紹介してきました。

今回の記事のタイトルは『「やる気が出ない」そんなあなたへ』というものでしたが、実はやる気を出す必要なんてないのです。やる気が出る前に行動に移してしまうことが大切なんです。

5秒ルールを使えば「行動する→やる気が出る」という流れの重要性が分かると思います。

思い立ったことをすぐに行動に移すことは難しいものです。

ですが「すぐに行動に移す」ことを5秒ルールで習慣化していきましょう。

そうすれば有意義な時間が増えるのではないでしょうか。

僕も5秒の法則を意識してこれから過ごしていきたいなぁと思います。

皆さんもぜひ試してみて下さいね。

 

ブログを初めて一か月がたちました。運営報告。

こんにちは。アリエです。

ブログをはじめて早くも一か月がたとうとしております。

いやー、時がたつのは早いものですねぇ。

勢いで始めたブログなんですがよくもまあ一か月も持ったなぁと思ってます。

基本的に飽きっぽい性格なので3記事くらいで止まってしまうんじゃないかなと思ってたんですが何とかここまで続けてくることができました。

正確にはブログを開始したのが今年の1月4日なのでまだ一か月は経っていないのですが、まあキリがいいので一か月目の運営報告的なものをしていきたいと思います。

一か月目の結果!

記事数 15

読者数 2人!

セッション数 333

ページビュー数 655

はい、こんな感じになりました。

一か月目にしてはどんなもんなのでしょうか。

個人的には一か月目にしてはまあ悪くはないんじゃないかなぁと思います。

何よりも読者登録をしてくださったお二人、ほんとにありがとうございます!!

こんなクソみたいなブログに登録してくださるなんて、、、圧倒的感謝です。

記事数も15とかなり頑張りました。3日に1回は更新するという目標で始めたのですが、無事に今月は達成することができました。

三日間更新しなかった日は一応なかったので頑張りました、はい。

とにかく2月もこの勢いで更新していけたらいいなぁと思っています。

 収益

一か月目の収益ですが、なんと、、、

0円です!!!!

まあ何故かといいますとね、何も収益化になるようなことをしていないからですね。

当然すぎる結果です。

なんで収益化しなかったかというと、めんどくさかったからです。はい。

なにせ僕はまだ高校生なので申し込めないアフィリエイトばっかりなんですよ。

Amazonアソシエイトは親の同意書があれば申し込めるみたいなんですけど、どうせ1つも売れないだろうと思いまだ申し込んでません。

googleアドセンスも受かるはずがないので申し込んでません。独自ドメイン取るお金ないし。

できるとすれば楽天アフィリエイトですね。

これは適当にこれから組み込んでいきたいと思ってます。

とにかく収益化するのは長期的な目標でありますが、まだ当分厳しいんじゃないかなぁと思ってます。

もしこのブログが一万PVなんていった暁には何か考えますがね。

ぼちぼちのんびりやっていくつもりです。

これからのこと。

これからですが、今まで通りのんびりやっていくつもりです。

早くもなかなかネタが思い浮かばず苦しんでいますが、面白そうなことがあったら色々と紹介していきたいと思います。

今月のアクセスを見たところ商品レビュー系が比較的強そうだったので、商品レビューを増やしていけたらなぁと思います。

まあお金がないので大したものは買えませんがw

さて、来月の目標ですが、とりあえず月間1000PVを目標にやっていきます。

更新記事数は今月と同じ15記事を目安に書いていきたいと思います。

まあ誰にも需要のない記事を書かないように気を付けます。

せっかく書いた記事が誰にも見られないというのは悲しいですからね(戒め)

ブログをはじめてよかった

まだ一か月目ですが、ブログをはじめてよかったなぁと思います。

僕自身別に文を書くのが上手いわけではないですし(むしろ稚拙な文章でごめんなさい)、文を書くのが好きというわけではなかったのですが、ブログをはじめてから文章を書くのが少し楽しくなりました。

自分が書いた文章を他の人に見てもらうってのは恥ずかしくもありますが、やっぱりうれしいなぁと知りました。

今後はもっといろんな記事を書いてさらに多くの人に見てもらえるように頑張りたいと思います。

そのためにももう少し文を書く力を鍛えなければ、、、

これからもぼちぼち頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いします!!